ビジネスローンの借り入れを申し込もうとする場合には、一般的に次のような内容が審査の対象となります。まずは事業内容についてです。金融機関はビジネス関連の幅広いデータや融資経験を持っており、企業に関する業種や業態、従業員数など基本情報に加えて、利益率や将来性、その業界全体の市場規模、比較対象となる他社のデータなどを総合的に判断して審査を行います。次に業歴の長さです。企業がどれくらいの期間経営を続けてきたかという実績を大きな「信用」の要素として捉えます。具体的には最低でも1年以上の業歴があることが融資条件とされています。そのため、新たに起業しようとする時の創業・開業資金として融資を申し込む場合は、創業資金の申込を受け付けている金融機関を優先的に選ぶようにすることがおすすめです。そして決算書類などの内容です。審査の際には、少なくとも過去2~3期程度の決算書類や確定申告書類の提出が必要になります。

金融機関は提出された過去の決算書類を元に、審査対象の事業が安定して収益を出すことが出来るか、一時的な流行に乗っただけの事業ではないかといった面をチェックします。具体的には提出された決算書類はコンピューターによって自動計算され、企業の倒産確率等の数字が算出されます。そして、これらの数字を元に融資時の実際の金利や利率等も決められることになります。近年、決算内容を粉飾してビジネスローンの融資を受け、そのまま貸し倒れになるといった事例が問題化したこともあり、ローン業界全体が決算書類を重視する傾向になってきています。その他にも個人ローンと同様に信用情報に関する審査も行われます。過去のローン返済が滞ったり、遅延したりした履歴や他社からの融資件数などの借り入れ情報などを「信用情報機関」に問い合わせることによって厳しく確認します。もしも過去の借り入れ履歴にキズがあった場合は、審査は厳しくなると考えた方が良いでしょう。これらがビジネスローンを利用する際の基本的な審査の内容です。(ビジネスローン おすすめ