起業した人の中には、資金が足りないために資金調達に奔走する人も少なくありません。運転資金や設備投資など、急に資金が必要となることは多く、手元に余分なお金がないケースもあります。公的融資を受けたい人は多いのですが、公的融資は手続きに時間がかかってしまいます。できるだけ早く資金を調達したい時に便利なのが、銀行のビジネスローンです。ビジネスローンは、中小企業の資金調達方法としても有名です。ビジネスローンは、銀行からノンバンクまで様々な商品があります。従来の銀行融資と比べると申し込みやすいのもメリットのひとつです。ただ、銀行のビジネスローンは、通常の融資より審査が緩い反面金利を高めに設定してあります。しかし、通常の融資よりも金利が高くても、すぐに銀行から借りたいという人はいるのです。大手の都市銀行でも、様々なビジネスローンが提供されています。

法人を対象にしたローンでは、融資上限金額が高く、据え置き期間が設定でき、金利が比較的低いローンもあります。ただ、返済方式が元金均等方式のみであったり、事務手数料が高かったり、法人しか利用できないケースもあるので注意が必要です。目的に合わせて、少しでも有利なローンを選択することが大切です。すぐに返済できない場合は、最長6か月の据え置き起案を設定できるローンが便利です。去年の決算が債務超過だと心配する人もいます。債務超過だと、申し込みができないビジネスローンが多いからです。しかし、中には赤字でも申し込めるローンがあります。しかし、融資を受けられるかどうかは、審査次第です。審査は総合的に判断して結果が出ます。融資されるまでのスピードは、銀行によって異なりますが、銀行の中には必要な書類を提出してから、3日程度で融資されるところもあります。もちろん、金利は高めですが、融資を必要としている人の中には、すぐにでも資金を調達したい人が少なくないので、そのような場合には助けとなります。