会社を経営している方や、個人で事業を行っている個人事業主の方にとって、事業を安定的に継続していくのに最も重要な要素が資金調達です。手持ちの資金が枯渇すると、取引先への代金支払いができなくなったり、また、従業員への給与支払いが滞るなど、事業が行き詰まることになります。資金がショートする前に、早めの資金調達を行っていくことが重要です。しかし、信用力が高い大企業のように、増資や社債発行などの資金調達ができない中小企業や個人事業主の場合は、資金調達は、銀行からの融資にほぼ限られてしまいます。銀行とかなりよい関係を築いている場合はよいですが、そうでない場合は、突然、銀行にお金を貸してくれと頼んでも、そう簡単には貸してくれません。これまでの取引や信用力に応じて審査が行われますが、その審査には時間がかかりますし、審査基準が厳しい場合も多いです。そこで、運転資金の確保のためにすぐにでもお金が必要な緊急時には、ビジネスローンの利用を検討してもよいでしょう。ビジネスローンの最大のメリットは、短期間で借り入れができる点です。

まず、審査の基準は銀行融資ほど厳しくないため、これまで安定して事業を行ってきた場合であれば問題なく借りることができます。また、審査スピードが大変速く、申し込みを行ったその日のうちに審査結果が通知されてくる場合もあります。そのため、ビジネスローンを利用すれば、即日で融資を受けることも可能です。ただし、ビジネスローンは、審査が通りやすい分、金利は高めに設定されています。その金利は、ローン取り扱い会社にもよりますが、年率で5.0%~10.0%超の場合が多いです。金利が高いほど利息の支払い負担は大きくなります。例えば、年率10%なら、1000万円を借りた場合に、利息だけで年間に100万円も支払う必要が生じます。そこで、ビジネスローンの利用はあくまでも緊急時に限り、その返済はできる限り速やかに行うことが望ましいです。また、長期的に必要となる資金は銀行融資など他の資金調達手段を利用するのがよいでしょう。